So-net無料ブログ作成

尾崎裕哉 尾崎豊 そっくり [音楽]

尾崎裕哉 尾崎豊 そっくり



尾崎裕哉さんが、本日のTBS系「金スマ」の

尾崎豊特集に出演するのではないか?

という、噂がネット上で立ち上がっていました。



そして、その結果、出演しました。

ただ、VTRでの出演であり、

スタジオ生出演、生熱唱ということは、

ありませんでした。



まあ、テレビを見ている側のこちらでは、

VTRでも、スタジオ生出演でも変わらないんですが、

ただ、今まではYoutubeや、尾崎裕哉さんが歌のみ出演した

CMでしか、歌っている姿、声を見たり聞いたりができなかったので

是非とも、出演してほしかった・・・というのが、本音ですね。



でも、やっぱり父親の尾崎豊さんとの声はそっくりですね。



しかし、意地悪な言い方をすると、

尾崎裕哉本人は相当、尾崎豊さんに似せるように練習したんじゃないかな?

と、思ってしまいます。



だって、いくら親子といえども、性質が似ているという事はわかります。

しかし、Youtube、CMで流れる歌も、全て尾崎豊さんの歌のみ。

そして、いかにも似てるなあ、と長年の尾崎豊ファンを納得させる

ような歌い方。



音楽には、他のアーティストの曲を演奏するという事を

カバーと、言います。


このカバーは歌ってみたい曲、演奏したい曲、単純に好きな曲を

その演奏するんですが、あえてカバーする原曲とは違うアレンジ、

違うメロディライン、違うコード進行など、オリジナル楽曲とは、

違う風に演奏するのが基本です。



そうでないと、カバーするアーティストの個性が出ないので、

演奏する意味が無いからです。



大して、オリジナル楽曲、そっくりに似せて演奏するスタイルを、

コピーといいます。



コピーとは、読んで字のごとく資料などコピーするように全く同じ物を

目指して演奏をする事。



しかし、コピー用紙と同じように、コピー元と全く同じ物はできず、

大抵はオリジナルより汚い劣化したものになりがちです。



尾崎裕哉さんを批判するつもりはありませんが、

これから、歌手として音楽の世界に入るようなので、

ちょっと、一言。



尾崎豊さんと、全く同じものを目指すようであれば

その先、自分のオリジナルを作ることが難しくなってしまいます。

そして、絶対にオリジナルの尾崎裕哉さんを超える事はできません。

なぜかというと、尾崎豊さんが歌うから楽曲なども活きていた。



尾崎裕哉さんが、歌うとうまいそっくりなカラオケか、ものまねにしか

なら無いからです。



だから、尾崎裕哉産は、自分の思いを自分の作った曲に乗せて

歌い上げる事が重要だと思います。




歌は上手いので、父親を越えたいのであれば、

できるだけ早く、尾崎豊から脱却しないと、この寒々しい音楽の世界

を生き抜く事は難しいと思いました。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。