So-net無料ブログ作成
グルメ ブログトップ

エッグスンシングス 横浜 行列 待ち時間 [グルメ]

エッグスンシングス 横浜 行列 待ち時間



エッグスンシングス、今大変大人気です!

エッグスンシングスとは、
ハワイの人気レストランが2年前に日本に上陸。

ハワイの朝食をコンセプトにしたお店、メニューが、
開店から現在まで大変人気で、毎日行列が並ぶほどです。

そして先日、テレ朝の『いきなり黄金伝説』
での人気コーナーu字工事の
『行列の出来る即日完売グルメ』
で、紹介されたのが、

エッグスンシングス 横浜山下公園店。

ここで紹介されたのは、
『ストロベリーホイップクリームとマカデミアナッツ』
でした。

エッグスンシングスは他にも、

クレープ、パンケーキ、ワッフルなどのスイーツや、

オムレツ、ミートn'エッグスなどの軽食もあるので、

横浜山下公園での、デートの途中に寄ってみるのもありですね。

そして気になるのは、エッグスンシングス、
横浜山下公園店の行列具合、混み具合ですよね。


エッグスンシングス横浜山下公園店のレビューを読むと、
平均して1時間30分から2時間ほどでしょうか?


しかし、並んでいる間にメニューを渡されるので、
席に通された直後に、注文する事もできるそうです。


横浜山下公園も、最近周辺が様変わりして、
かなりオシャレ泣かん字に変わりました。

デートの時でも、
家族サービスの時でも。
行列の出来る人気店。

エッグスンシングス 横浜山下公園店で
食べて、話のネタにしてみてはどうでしょうか?
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

岩木山 嶽きみ 期間限定 [グルメ]

岩木山 嶽きみ 期間限定



16日、日テレ『鉄腕ダッシュ』の人気コーナー 「出張DASH村」でも、紹介されました

嶽きみ』。



「出張DASH村」でも、TOKIOの山口君が、

岩木山の採れたて嶽きみを生で、食べて

「超うまい!」と、大絶賛!!



その嶽きみとは、

青森県弘前市の岩木山麓・嶽高原で

栽培されているとうもろこしを、

「嶽きみ」と呼ばれます。


その嶽きみは、他のとうもろこしに比べて、

糖度が高く、生でも食べられるとうもろこしの中でも

最高級のブランドです。

この、『嶽きみ』の旬は、大体9月下旬までと言われ、 出荷開始が、8月中旬頃から、 10月には出荷は終了となります。


だから、嶽きみを購入できるのは、

約1ヶ月という短い間の期間限定品になります。


そして、今年の嶽きみの出荷終了まで、残りわずか


嶽きみのネット通販も、ほとんどが販売終了となっています。


しかし、その中で、まだ販売しているところを発見!


TOKIO山口君も絶賛した、『嶽きみ』

是非、お味を試してみてはいかがでしょうか?


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

はなまるうどん 店舗 東京 [グルメ]

はなまるうどん 店舗 東京



はなまるうどんが、検索ワードで
急上昇中です。

今、東京でも既に人気が定着している
讃岐うどん。

その讃岐うどん発祥の香川県以外でも、
東京でも、気軽に讃岐うどんが
食べられるということで、人気なのが

『はなまるうどん』

『丸亀製麺』

などのうどんチェーン店です。

この『はなまるうどん』、『丸亀製麺』
に共通するのが、「セルフ式うどん店」
ということです。

本場の香川でも、讃岐うどんは、セルフ式ですが、
それをチェーン店式に改良したセルフ方式店舗が、
今、急増しているといいます。

その、『はなまるうどん』、『丸亀製麺』は、
全国のショッピングセンターなどのフードコート
へ大量に出店。

今では、

『はなまるうどん』は、約310店舗。

『丸亀製麺』は、約620店舗を展開中といいます。


特に、『はなまるうどん』の東京店舗数を
確認しようとしたら、『はなまるうどん』の
ホームページが開かないので、確認できません。

どんなに人気があるんでしょうか?


しかし、この2大巨頭以外にも、チェーン展開を
広げている讃岐うどん参入が多いため、
他との差別化が難しくなってきているといいます。


どこも、職人がうどんを打っているのではなく、
製麺機を使っている。

これで、うどんという最大の差別化できる要素がなくなりますよね。


そして、うどん以外に差別化をするためには、
後は味次第となりますが、正直、チェーン店が出す
うどんの味で差別化を期待する事は無理でしょう。

結果、どこも同じ味になり、安さだけで
客層をつかむ事はできるのでしょうが、
正直、味は似通っているからどこでもいいということになります。


そうなると、残る差別化要素は、値段ということになり、
安さ競争をしたあげく、総崩れになる可能性も無いとは言えません。


東京でも、外食店舗がいろいろあります。
うどん以外にも、他に選べる外食店はあります。

そこを、うどんだけに絞っても、他との差別化がないと
常連客はつきませんよね。

このうどん戦争は、消費者にとってはうれしいのですが、
結果、総崩れになって、どんどん撤退されても困りますよ・・・


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
グルメ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。