So-net無料ブログ作成
検索選択
ヴァンヘイレン ブログトップ

大腸憩室炎 原因 ヴァンヘイレン [ヴァンヘイレン]

大腸憩室炎 原因 ヴァンヘイレン



大腸憩室炎というトレンドワードが急上昇。

何でかと、調べると、
アメリカンハードロックバンド、ヴァンヘイレンが、
今年、11月に来日予定でしたが、メンバーでギタリストの
エディー・ヴァンヘイレンが、大腸憩室炎の緊急手術
を受けたため、現在その来日ツアー延期を調整中だと、
発表されました。


その大腸憩室炎は、手術後でも全快するのに、4~6ヶ月かかる
と言われているので、2013年に延期を希望しているという事です。


私も、ヴァンヘイレンは大好きだったので、延期になるのは辛いです。

特に、今回の来日ツアーは、デヴィッド・リー・ロスを加えた
初期編成でのツアーの予定
オリジナルベーシストは、不仲が原因で
エディーの息子に代わっていますが)
だったため、往年のファンは、涙を飲むでしょう。


そして、その大腸憩室炎の原因は、
大腸の壁が外側に押し出されて、
直径数mm程度のくぼみ(憩室)に、炎症が起こる病気

自覚症状としては、お腹の右下や左下あたりに、
急に痛みが起こり、炎症がひどくなると発熱する場合もある。
また、人によっては腹痛を繰り返すこともあるそうです。

そして、

主に高齢者になると、高齢者は腸のトラブルが多くなるそうです。

そうかあ、エディーも、もう57歳。
高齢者ですもんね。

しかし、ハードロックなんで、ハードにロックできるのも
後、数年と見ていいんじゃないでしょうか?

今度の来日が最後になるかも。

となれば、治療に専念して、
来年またかっこいいギターを聞かせてください。


ヴァンヘイレン ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。